社長の小話

野菜

餃子や肉まんを製造している五十番食品ではいろいろな野菜を使います。

一番多く使う野菜はキャベツと玉ねぎです。

キャベツと玉ねぎは包丁で芯を切り、そのあとフードスライサーで細かくカットします。

その他にも、ニラ、ネギ、白ネギ、生姜などの野菜も使っていますが、これらは機械でカットせず、すべて手切りしています。

5c13b61c

細菌検査・実践!

今日、昨日納品された細菌検査器の業者の方が、使い方の指導に来られました。

シューマイの皮の検査を実際にやってみましたが、ナイフを使ったりスポイドを使ったり、まるでおままごとみたいで見てるだけで楽しかったです!

6edda599 2e3c90ec

細菌検査器セット

今日、注文していた「食品衛生検査器」が納品されました!

aecd4142

これは、食品の「一般生菌」「大腸菌群」「黄色ブドウ球菌」などが検査できるセットです。

今まで細菌検査は外部の業者に委託していましたが、自社で細菌検査ができる体制を整えようと、ちょっと費用はかさみましたが(>_<)、今回思い切って購入しました!

食品の細菌検査以外にも、手指やまな板のふき取り検査もできるみたいなので、工場の衛生管理にも活用しようと思います。

肉のミンチ

餃子、包子、焼売(シューマイ)、春巻などを製造している五十番食品は、毎日肉をたくさん使います。

27447ccf

鶏肉や牛肉を使っている商品も少しありますが、使う肉のほとんどが豚肉です。

使う肉は肉屋さんからブロック買いして、毎日自社でミンチにしています。

包子(肉まん)

今日、工場では手包みの包子(肉まん)を製造しました。

61ab2c4b

453788ad

五十番食品にはここ最近、特注で手包みの肉まんを作ってくれという依頼がたくさん来ます。

この肉まんも具60gに生地40gの100gの特注の肉まんで、原材料はほとんどが九州産というこだわりの肉まんです。

具の方が多いので、食べるととってもジューシーで美味しいんですが・・・しかしっ!作る方は大変です。

生地の割合が少ないので、油断すると包みながらすぐ破れてしまいます。

そこをベテランのパートさんたちが、上手に包んでいきます。

特注でオーダーされるお客様は、作り方や原材料にこだわりをもった方がほとんどです。

私たちはそのこだわりをできるだけ形にしたいと思っているので、いろいろと試行錯誤を繰り返しながら、お客様と二人三脚で納得のいくものを作り上げていきます。

なかなか1回の試作で決まることはなく、何度も何度も試作を繰り返しながら作り上げるのはなかなか大変な作業ですが、本当にお客様に満足していただける良いものを作るために日々頑張っています!

ブタちゃんまん

今日、五十番食品の工場では新商品「ブタちゃんまん」を製造しました。

e4d48f2c

これはその名のごとくブタの顔をした豚まんです。

目・耳・鼻すべて手でひとつひとつ付けているので、大量生産できない本当に手間のかかる商品ですが、この愛らしさに人気急上昇中です。

油条の由来

五十番食品の商品の一つに「油条」があります。

f89affd7

油条は中国式の細長い揚げパンです。

棒状に切った小麦粉の生地をふたつ重ねたものを揚げて作ります。

中国や香港、台湾などでは朝食にお粥や豆乳と一緒によく食べられます。

この油条、食べるととてもサクサクして美味しいのですが、実はこんな伝説があります。

ブルーの絆創膏

食品会社にとって「異物混入」は本当に恐ろしいものです。

私たちは異物混入対策をいろいろと行っていますが、そのひとつとしてこの「ブルーの絆創膏」を使っています。

698a4d65

【平日】7:00~17:00【土】不定休