調理方法・調理例

「中華の小鉢」の新しい使い方!

こちら食べられる器「中華の小鉢」

df3f9fbf

肉まんの外側の生地を器型にしたものです。

「中華の小鉢」という名前だけあって、この商品を開発した時には「酢豚やエビチリな角煮など、中華料理を中に入れて使っていただければ・・・」という思いで開発しましたが、お客様の方が私たちよりも自由な発想でこの商品を使ってくださっています

先日は、この中華の小鉢を「洋食」で使っていただきました

それがこちらです

「中華の小鉢」をこんな風に盛り付けていただきました!

こちら食べられる器「中華の小鉢」。(↓)

0f94561d

この商品を開発したのはおよそ15年前ですが、一番最初に使ってくださったのは佐賀県鳥栖市にある老舗の中華料理店です。

出来上がった試作を一番に持って行ったところ、「これいいね~」と大変気に入ってくださり、すぐに使ってくださるようになりました

今、“餃子”がアツイ!!

最近「餃子女子」という言葉も出てきているように、今“餃子”がアツイです

先日出展させていただいた展示会でも、餃子のいろいろなレシピを紹介する餃子特設ブースが設けられていました。

「餃子とワインのマリアージュ」も流行っているそうで、餃子にフルーツタレを合わせたり、ジェノベーゼソース(バジルのソース)や、サワークリーム&バルサミコソースと合わせた餃子のレシピも紹介されていました。

また、オニオンソース&みょうがの和風餃子や、ライム&パクチーのタイ風餃子など、今や餃子は中華の枠を超えて様々な調理法で楽しまれているようです

その中でも、これから寒い冬にかけて流行りそうなのが「餃子鍋」

女性に喜ばれそうな「参鶏湯(サムゲタン)風餃子鍋」や、「酸辣湯(サンラータン)餃子鍋」「太平燕(タイピーエン)風餃子鍋」、トマトスープをベースにした「イタリアン餃子鍋」など、餃子を使ったいろいろなジャンルの鍋メニューが流行りそうです

そんな“餃子鍋”にぴったりなのがこちら

a4433335 - コピー

「もっちり餃子ボールです。

もちもちつるんとした食感の皮で、肉と野菜を包みました。

この「もっちり餃子ボール」を鍋料理にオススメするのには理由があります

普通の餃子や水餃子は、長時間煮込むと皮がどうしてもふやけてしまい破れやすくなってしまいます。

しかし「もっちり餃子ボール」は、名前の通り皮がもっちりしていてとても丈夫なので、鍋で長時間煮込んでも破れにくいのです

c12d1174

「もっちり餃子ボール」で、お店独自の餃子鍋メニューを作りませんか

サンプル依頼も受け付けます。

興味のある方は是非お気軽にお問い合わせください

【商品案内】
商品名:もっちり餃子ボール
規格:22g×30個×15P

商品ページはこちら

【平日】7:00~17:00【土】不定休