商品紹介

台湾グルメのネクストブレイクは、これだ!

食品のトレンド情報を紹介するサイトを見ていたら・・・“台湾グルメのネクストブレイク候補”としてこの商品が挙げられていました

DSC_9364

中華揚げパン「油条」です

そのまま読むと「ユジョウ」ですが、中国読みでは「ヨウティアオ」と読みます。

漢字は「油條」とも書きます。

鉢盛のデザートにも!「紫イモノーミーチ」のご紹介

5月12日からの緊急事態宣言発令で、福岡でも5月いっぱい休業する飲食店も出てきました。

ランチだけ営業してディナーは休業、レストランは休みにしてテイクアウトのみ行なうという飲食店もあります。

テイクアウトで「鉢盛」をされているお店も多いと思いますが、個人的には鉢盛の中にデザートが入っているととっても嬉しいです

・・・ということで、今日は鉢盛のデザートにも使いやすい「紫イモノーミーチ」をご紹介いたします

DSC_9327

紫イモのペーストを餅生地に練り込んだノーミーチです。

外側にはココナッツファインをまぶしています。

しっとりふわふわ中華カステラ「マーラーカオ」のご紹介!

今日はしっとりふわふわの中華蒸しカステラ「マーラーカオ」をご紹介いたします

52db4f08

冷凍を自然解凍でもしっとりとお召し上がりいただけますし、冷凍を蒸してもふわふわ温かくお召し上がりいただけます

大きさは20グラム、直径約4cmのミニサイズです。

ジェイソン風ブタちゃんまん!

今日は工場では「ブタちゃんまん」を製造していました。

お昼休み前に常務に「ブタちゃんまんのB品があったら、それをお昼に食べようかなぁ」と言ったら、「社長B品あったよ」と言って、これを持ってきてくれました。

↓ ↓ ↓

42874bce

↑ うわぉ

頭がかち割られています

「食べられるコップ」に対抗!?

先日の日経新聞にこんな記事が載っていました。

5d014d12

アサヒビールが「食べられるコップ」の販売を始めた、という記事でした。

主原料はジャガイモでんぷんだそうです。

消費者の環境意識の高まりに対応した商品で、使い捨てコップのゴミ削減につなげる、とのこと。

アサヒビールが食べられるコップを開発したのは今年ですが、五十番食品は今から約20年前にすでに「食べられる器」を開発していました

76bb53c1

中華版“サンドイッチ”!「ホイカツ」のご案内

「サンドイッチ」の名前の由来を知っている方は多いと思います。

イギリスの「サンドイッチ伯爵」が名前の由来。

サンドイッチ伯爵はカードゲームが大好きで、「食事をする時もゲームをしながら食べられないものか」と考えた結果、「パンに具材を挟んだもの」を作ってもらって食べていたんだそうです

「ゲームをしながら食事」ではありませんが、テレワークが普及した今「仕事をしながら食事」をする方が増えているとか

「仕事をしながら」だけでなく、今の時代「スマホをしながら食事」という方も多いのではないでしょうか

ということで、今日は片手を空けて食事したい時にぴったり

“中華版サンドイッチ”が作れる「ホイカツ」をご紹介いたします

DSC_9172

“機械包み”と“手包み”の違い

五十番食品では、肉まんは「機械包み」と「手包み」の両方の製造が出来ます。

機械包みと手包みの見た目の一番の違いは「ひだ」です。

こちらは蒸す前の「機械包み」の肉まん。(↓)

DSC_9168

そしてこちらは、蒸す前の「手包み」の肉まん。(↓)

【平日】7:00~17:00【土】不定休